大人からの再ピアノ日記

40からのピアノ再開、日常、家族のことなど、主婦の気ままな日記です

復活!

ブログの設定が分からなくなってから、気付くと日が経ってしまって、、、

娘はもう中二、身長も手も足の大きさも抜かされました(;'∀')

この1年間、担任の先生がよく見てくださり、娘の良いところを伸ばしてくれたと思う。

1年間ありがとうございました。






最近、色々あり過ぎて、、受け入れられない悲しい出来事があったのだけど

でもね、ココには書かない。咀嚼できてないし、この先もきっと書けない。




職場と自宅の往復ばかりの私もピアノレッスンに行き始めました。(まだ2回目だけど)

大人の弾きあい会も年に数回ほど主宰している先生の

レッスン室の楽譜の棚がすごい。

閲覧自由な感じの楽譜棚に惚れ惚れ

レッスンの曲に合わせて、ショパンのエキエル版を見せてくださり

楽譜が違うこと、

クレッシェンドの位置が違うだけでも弾きやすくなる、

陰の音 のイメージ通りに書いてあると

大人のレッスンはこうした楽譜比べも楽しめるんじゃないかと提案してくださいました。

私の都合に合わせて下さり月に1~2回のレッスンになるけれど、通うのが楽しみ。

調律終了(*^▽^*)

もう1か月前から予約していた
嬉しい調律の日
いつものように丁寧にじっくり調整して頂くと
別物のように音も揃い、以前よりも鳴ってきてる。
次の予約もさせて頂き、
調律師さんのスゴイ師匠のお話を聞かせて頂きました。


お仕事も希望の系列病院に移動させて頂き、
自宅から歩いて10分という近さ。
お仕事も日々勉強です。
がんばりまっす!

3か月ぶりです

元気です。
ほとんどのことは余り変わらず、いつも通りです。
お仕事のことはまあ色々あって
お台所事情を知ってくると、、
知り合いもいるし、、昔みたいにスッパリ切り捨てられない
悩めるこの頃ではあります。


今月、初めてのピアノサークルに行く予定です。
状態の良さそうなピアノ、高級なスタジオのようなので
何を弾こうか、、
時間調整があるから弾く曲を決めて申し込みしなくてはならなく、
初めてだし、やはり弾ける状態の曲じゃないとね。
このところ好き勝手に弾いていただけだから、
ハノン、チェルニーを毎日弾くようにしよう。
バッハにしようか ショパンにしようか
どれも前みたいに弾けてないし、、
最近好きに弾いていたのはシューベルトなんだけど
いきなり人前に持ってはいけないし、、
こっちは幸せな悩みなので、時間を少しかけたいと思います。

このところ東京も秋の気配です。
やっと出掛けやすくなり、
先週は娘とピーターラビット展 へ
ランチもしたり銀座山野楽器の楽譜コーナーに立ち寄ったり
久しぶりのお出掛けを楽しみました。

12月はランランのピアノリサイタルがあるし 色々計画しなくては!

夏休み直前

部活に励んでいる娘に毎日お弁当作らなくてはと思っていたら
娘が自分で作るよと言うので、拍手!ありがとう!
流石に丸投げは出来ないので、時々わたしも作るよ。

お陰でお仕事中心の生活に慣れてきたこの頃。
若い頃よりも、この年齢になって向いている仕事だったんだと思う。
悲しいことを間のあたりにすることも多いし
ヒトとしてどうなのか?と思うヒトもいるし
決して楽しい事がないのが常だけれど、
休憩中、相談できたり話せる環境がいいのだと思う。

話した方が楽になるから、、、
情けない父親の事で追い詰められた女子学生の子に
女医さんがいい話をしていて、うまーく吐き出させていた。
皆それぞれにストレスを抱えていて
吐き出したり 距離を置いたり、ストレスをなくすというより
ストレスと上手く付き合えると楽になるだろうなと思う。

私には、ピアノが弾ける環境、ピアノがあって良かった。
昔みたいにサークルへ行ったりすることはないけれど
今の私に合っているペースだと思う。
娘は発表会でドビュッシーを弾く予定だし
私は、最近シューベルトの譜読みが楽しい。
即興曲なのにプロみたいに早く軽やかじゃないけど、
綺麗なメロディの音が素敵で
CDを聞いたり、調べたりが楽しいこの頃。

衣装

今回、娘の先生にアドバイスを頂いて
お勧めのドレスショップでドレスを作ってもらうことにした。

現ピアノの先生が主宰しているという、割安で色も様々あるというドレスショップ。
あっという間に変わる成長期に作るなんて、もったいないかもしれないけれど
今年はドレスを2回は着る予定があり、
勝負服というのがあるような気がしてきているので迷わず、
まずは娘のお気に入りの1着を選ぶところから始めた。

思えば、幼稚園児の娘がお気に入りだった薄ピンクのドレスを着て
ピアノを演奏したころ、生き生きと堂々と演奏していた。ように思う。
そのうちショートパンツが好きな年頃になり
ヒラヒラのドレスなんて着たくない!と言うようになり
普段着みたいな服で発表会で弾いていた頃があった。
服だけではなく、技術もなかったのだろうけど、
このままピアノ生活が消えるのではと思ったりした。

それが中学生になると、場に応じた衣装が大事なことはよく分かっているようで
ドレスを着ることに抵抗がなくなったみたいだ。

ドレスショップ先生のブログの中に
発表会などで暗譜が飛んだとしても、最後までどうにか弾ききる。
途中で投げ出してはいけない。体裁を整えることは、大事なこと。

勝負服も体裁を整える、一つかもしれないと

ママもドレス作ったら?と娘が言ってくれた。
黒のロングスカートに合うキラキラブラウスがいいかな。


私のお仕事の方はは、病院自体の引っ越しがあって、おかげで超忙しく、
毎日帰ってきてぐったりしています。
けれども、いつも気遣ってくれる方々に恵まれているので、
今のところは体力が続く間、頑張ります。
今日は運動会の振替日で久しぶりの何もない休み、
定期テスト前でもあるから、朝練もないし、
何にも縛られない1日、
ブログを久しぶりに書いて、今朝は刺繍ブローチを一つ作ったし
何しようかな~~~

Menu

プロフィール

bud

Author:bud
大人からピアノを再開しておよそ3年。
はまり過ぎて、ついにグランドピアノYamahaC3Xを購入。
まだまだ初級者ですが、日々の活力源のピアノと共に
大人の演奏を目指しています。

子供時代 ヤマハのアンサンブルエレクトーン歴6年、ピアノ歴3年。

大人になって、娘のピアノレッスンと共にクラシックピアノを習いたくなり勉強中。
岩手ピアノサークルのお仲間と出会ったり、レッスンを受けたり、、
バッハ、ショパン、モーツァルト ドビュッシーが好き。

最新記事

カウンター